モンテッソーリ教育は子どもの自律を育みます

 驚くことに子どもの自律への営みは生まれた時から始まっています。

子どもには成長していく過程でその時に果たさなければならない「仕事」があり、それは自律へのいしずえとなるものです。

 

 「仕事」を1つずつゆっくりこなしていくための環境がモンテッソーリ教育の教室には用意されています。それは子どもの「やってみようかな」を刺激する大変魅力的なものです。

 

 モンテッソーリ教育の「仕事」を通して、子どもはできる自分を実感します。社会の一員であることに目覚め、意欲的になり、自律していくことが嬉しくて仕方がなくなるのです。

 

イマココではこどもの「やってみようかな」を刺激するために次の3つのことを大切にしています。

観察

 

子どもは、生まれながらに自分で自分を作るための力を持っています。

その能力が十分に発揮されるように、大人は子どもを静かに観察する必要があります。

どんなことができるようになったのか?

今は身体のどの部分を使いたがっているのか?

何に喜びを感じているのか?

どんな心の状態なのか?

何に興味が有るのか?

 

日常生活の練習
日常生活の練習
環境を整える

子どもは身近な環境を見て、聴いて、触って、嗅いで、味わう経験を通して、自分でできることを増やしていきます。

大人は子どもの成長過程と今の状態をよく観察し、その子にふさわしい環境を整えることを常に意識することが大切です。

「自分でできる!」

 

モンテッソーリ教育では、子どもの自由を大切にしています。 

しかし、それは何をしてもよいという放任ではありません。

自分で選んで、心ゆくまで繰り返し、最後までやりきることができる自由です。​子どもが自分の心と身体を思い通りに動かし、必要な時には我慢もできるようになった時の子どもの顔はとても誇らしげです。

誰の手を借りることもなく自分一人でできた喜びでいっぱいなのです。

つまり、真の自由とは「自分1人でできる!」ということです。

子どもが「自分1人でできる!」ために、大人は惜しみない援助をしなければなりません。

感覚教育 ピンクタワー