お仕事が生活に活きる時

「先生 今度は青の色水をください。これだよ、これ!」

といって、色板の「青」を持ってきた彼。

言葉だけではなくて、実際の具体物を見せれば確かだと判断したんでしょう。

こうして以前したお仕事を違う場面で活かしてくれることは、教師冥利に尽きます。

一歩一歩成長している子どもたちとともにお仕事ができることに感謝する日々です。

Recent Posts
Archive
Search By Tags