行動には必ず目的がある

クラスのシンボルタワーであるピンクタワーを横からチョップをして倒す女の子がいました(ToT)それを他の子どもたちも含め何人かで

「こっちが先だよ」

「次はこれかな?」

などと言いつつ、元のように綺麗に直します。

するとまた先の女の子は容赦なくチョップして倒すのです。

あらあら。。

他の子どもたちは既に自分のお仕事に戻っていました。

しばらく様子を伺っていたら

今度はその子が自分一人で全部ピンクタワーを積んだのです。

全て終えると満足そうなお顔。

もう倒すことはありませんでした。

つまり、最初から最後まで自分でピンクタワーを積みあげるという目的があったのでした。

積み上げられたタワーを、1つずつ手に取り、マットの上に並べてタワーを崩すことをまだ知らなかっただけなのでした。

どんな子どもたちでも、「おやっ、おかしいな」と思える行動を取ることがありますよね。

でもそれは決して無意味なものではないということ、必ず意味や目的があるということを再認識できた出来事でした。

昨日の子どもたちです。

言葉のお仕事を選ぶことが多くなりました。

五十音を並べたり

IMG_2495_edited.jpg

絵カードの文字に文字のカードを合わせてみたり

IMG_2498.jpg

五十音のカードで言葉を作ったりしていました。

IMG_2507_edited.jpg

カードを揃えるのも真剣そのもの。

IMG_2500_edited.jpg

チョークでガラス製の板に文字を書くことにも挑戦。

IMG_2508_edited.jpg

ほとんどの子どもたちが

自分のお仕事の合間にお友達のお仕事の様子を伺い

「次はあれやってみよう!」と眼を光らせているのでした(^^;)

Recent Posts
Archive
Search By Tags