「静けさ」を好む子どもたち

保育園等の子どもの声を騒音と感じて心配する方が増えているようです。

子どもは生命のエネルギーにあふれていますから、あらん限りの声をあげることもあります。

でもね、ご存知でしたか?

実は静かな環境を子どもは楽しむことができるのですよ。

私は時々小さな子どもたちと「耳を澄ます」という機会を持ちます。すると、不思議。さっきまで顔が真っ赤になるまで興奮していた子どもは、すーっと表情が落ち着き、一生懸命に耳を音のする方に傾けます。遠くで聞こえる小さな音を感じる事ができると、にっこり笑うのです。

また、食事やおやつの前などにロウソクを灯します。静かに燃えるロウソクの火は小さいけれどもあたたかく、子どもを惹きつけ、心穏やかに「いただきます」をすることができます。

このようなことに子どもは好んで参加します。静けさの中に心地よさを感じるようになるのです。

私たちモンテッソーリアンの間では「静粛の練習」と言って、活動のいたるところで無理なく自然に取り入れています。

自分の声を騒音と言われてしまうお子さまは、ただ、そういった「静けさ」を楽しむ経験をしていない、それだけだと思います。

それから、コツをもう1つ。

もし大きな声を張り上げて話しているお子さまがいたら、静かにそばにまで行き、目を見て、そーっと言葉をかけてあげてくださいね。お子さまは少し考えてから、自分自身も声のトーンを落とすようになりますよ。

Recent Posts
Archive
Search By Tags
糊貼り
縫う
縫う
あけうつし(箸)
洗濯ばさみを使う
蓋の開け閉め
スポンジ絞り
机を洗う
机を拭く
洗う
コーヒー豆を挽く
金属磨き
エプロンをたたむ
コーヒー豆のくずを集める
にじみ絵
色水実験
ピンクタワー
ピンクタワーと茶色い階段
幾何立体の籠
色付き円柱
二項式の立体
絵合わせカード
砂文字
鉄製はめこみ
10のビーズづくり
紡錘棒箱

© 2014 by Koko Sato

 

スクリーンショット 2018-09-17 21.25.27.png